環境・リサイクルへの取り組み

21世紀になってから環境、という言葉が頻繁に使用されるようになりました。「21世紀は環境の世紀」、と表現されることも多く見受けられます。ところで、環境問題を考える、ということとは、一体どんなことをいうのでしょうか。また、その問題を解決する方法はあるのでしょうか。

イメージ画像

資源を発見し、それを利用する術を考え、エネルギーを得て、産業を生みだし、社会を造り上げる。これが、今まで人間が行ってきた、発展の図式でした。けれども、かつては盤石に見えたこの図式は、思いも寄らない難題を人間に突きつけました。

イメージ画像

一見、つながりがないと思われていた自然や、生きもの、天候など、つまり環境と呼ばれるものが、豊かな社会=発展、の図式からこぼれ落ち、次々と消滅、あるいは予期せぬ事態を頻発させたのです。

イメージ画像

それはおそらく、図式に隠された盲点、あるいは欠陥だったのでしょう。そして、図式を補完し、いかにそれら「環境」とこの社会の「発展」を共存させうるのか?ということが、その難題だったのです。それを解くキーワードは「リサイクル」という発想でした。

イメージ画像

以前は、資源と呼ばれるものは加工され、その役割を終えた時点で廃棄されるものだという考え方が一般的でした。しかし、リサイクルという発想で、資源はさらなる命を与えられ、結果的に環境を守ることにもつながることが分かりました。人間は難題に対して、知恵を絞ったのです。

ヤマイチの環境活動(ISO14001)

環境方針

当社は、ダイカスト用アルミニウムの製造及び製鋼原料のリサイクルを行い、環境問題が今後の重要課題である質の高い製品とサービスの提供を通じて継続的な改善を実践します。

  • 環境マネジメントの継続的改善を行います。
  • 当社に適用される法規制、当社が同意するその他の要求事項を遵守します。
  • 汚染の予防と品質の向上のため、以下を推進し定期的に見直しを行い環境保全と汚染防止に取り組みます。

アルミニウム合金製造工程における歩留まりの向上

生産活動での廃棄物の削減、分別によるリサイクル化の実施

省資源、省エネルギーの推進

ヤマイチの安全活動

当社は、全員が一丸となって安全再優先の徹底を図り、常に安全で活気ある職場へ最優先で取り組みます。

  • 安全作業最優先の徹底を図る
  • 関係法令及び社内規程の遵守
  • 安全作業への継続的改善

安全重点施策

「安全は全てに優先する」の認識の下、
企業の社会的責任を果たし、
全社一丸となって安全活動を推進する。
また、安全は社員が明るく、健康な生活を送るための基盤である。

お問い合わせ TEL:0566-22-9449 FAX:0566-22-9448

メールフォームでのお問い合わせ